ヌプリロ

とりあえず記録、駄文すら書くこともなくなった

ドクターの回の情熱大陸は毎回いいんだよな

f:id:mount_po:20200204221007j:plainf:id:mount_po:20200204221037j:plainf:id:mount_po:20200204221048j:plainf:id:mount_po:20200204221057j:plainf:id:mount_po:20200204221105j:plainf:id:mount_po:20200204221115j:plain

ドクターの回の情熱大陸は毎回いいんだよな。

大阪府生まれ、現在64歳。
1980年3月、大阪大学医学部卒業、同大医学部第一外科入局。
1989年フンボルト財団奨学生として、ドイツのMax-Planck研究所心臓生理学部門、心臓外科部門に3年間留学。2006年、大阪大学心臓血管・呼吸器外科教授および大阪大学医学部附属病院未来医療センターのセンター長に就任。心筋細胞シートによる治療法を開発する。
現在、大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授、日本再生医療学会理事長。
趣味はドライブと庭いじり。

いま、先端医療の世界では、目覚ましいスピードで新たな治療方法が生み出されている。様々な医療分野の中でも、特に症状の重いのが心臓病だ。心臓病の患者は、ほとんどの場合、心不全で亡くなる。長らく、心不全は根本的に心臓移植、もしくは人工心臓でしか治せない疾患だった。
そんな心臓病の分野で、画期的な治療法に挑戦してきた一人の心臓血管外科医がいる。澤芳樹、64歳。彼は、心臓そのものの力で心臓機能を回復させる世界初の治療法に挑んでいる。
大阪大学で教授を務める澤は、2007年に重症心不全の患者に患者自身の筋肉から培養した世界初の心筋細胞シートの手術を行った。これは、サイトカインという細胞の増殖など多様な細胞応答を引き起こすタンパク質が多く含まれる太ももの筋肉から細胞シートをつくり、心臓に直接貼り付け、弱った心筋を元気にするという再生医療
2016年保険適用となり、心不全治療に役立つ治療法の1つとなった。
さらに去年は、より普及しやすい治療法として、心筋細胞を直接心臓に噴霧する「細胞スプレー法」の治験を開始。そして今、心筋細胞シートを進化させたiPS細胞による画期的な治療法の治験を目指している。
番組では、再生医療の新たな世界を切り開く心臓血管外科医・澤芳樹の「心臓病では死なせない」という強い意志を貫き、闘い続ける日々を追った。

f:id:mount_po:20200204222310j:plainf:id:mount_po:20200204222318j:plainf:id:mount_po:20200204222327j:plain

意識が高いということを揶揄するのがSNSであるけど、医療従事者は多くの人を助けたいという根本があって、それを軸にして仕事をしているんだから、意識高いのは当然で、敵わないな。

f:id:mount_po:20200204223254j:plainf:id:mount_po:20200204223301j:plain