ヌプリロ

とりあえず記録、駄文すら書くこともなくなった

セブンルールで文喫

f:id:mount_po:20200912181354p:plain

セブンルールで文喫。選書が気になった。これからそういうサービスは増えるかもしれない。今は情報が多すぎるから選ぶのも大変、選書だと1万円とかになって、一部のコアな人に単価の高いサービスが出てくるんやないの。

東京・六本木の中心部にある「文喫」。スタリッシュな佇まいのこの店は、2年前、日本で初めて入場料(平日1650円、土日祝1980円:いずれも税込み)のある書店としてオープンした。
店内に並ぶ本の数は約3万冊。小説やビジネス、アートに漫画、更には一般の書店では手に入りにくい本も取り揃えている。来店者はお茶を飲んだり、横になったりしながら自由に本が読めて、気に入った本は購入することができる。この新しいスタイルの書店「文喫」の副店長を務める林和泉が、今回の主人公だ。

本と出会うための本屋
人に出会う感覚で本に出会って欲しい
幼い頃から毎週末、父にくっついて図書館に通っていた。様々な本に触れるのが楽しみで、高校生になるまで欠かさず通い続けたという。「自分の人格を形成していく中に、本は身近にあった」。こう語る彼女は、大学卒業後、書店に本を卸す日本出版販売に入社する。そして3年前に「文喫」を作るプロジェクトが始まると、店長と共に店のコンセプト作りから携わった。
1日平均100人が訪れるという「文喫」の人気の秘訣は、一般の書店では出会えない珍しい本が取り揃えられていること。そのために、毎日約200冊発売される新刊のチェックやSNSでの反応など、常に利用者のニーズにアンテナを張り巡らせている。一方で、本のプロフェッショナルとして、幅広い知識や情報量が求められるからこそ、本との付き合い方に悩むこともあるという。そんな彼女にとってバイブルとなった「本」とは…。
「本と出会うための本屋、恋に落ちるみたいな。人間に出会うのと同じ感覚で本に出会ってもらいたい」。利用者と貴重な本との出会いを届ける「文喫」副店長・林和泉の7つのルールに迫る。

セブンルール
1、1タイトル1冊しか仕入れない
2、検索機を置かない
3、月曜日は父親とメールする
4、仕入れに迷ったらTwitterで検索する
5、常にしおりを持ち歩く
6、煮詰まったときはみじん切りをする
7、とにかく多くの本に触れる