ヌプリロ

とりあえず記録、駄文すら書くこともなくなった

今週のセブンルールおにぎり専門店「ぼんご」

f:id:mount_po:20191219191503j:plainf:id:mount_po:20191219191514j:plainf:id:mount_po:20191219191553j:plain

今週のセブンルールで最後に社長が言ってたことが俺の肝なんだよな。俺が副業を再興したいと思うのはきっとそれなんだろう。
株式会社の商品やサービスは誰かに必要とされて役に立ってるんだけど、会社が大きいほどそれを感じることは難しい。

路面電車が走り、レトロな趣を残す東京・大塚。この地で、59年間営業を続ける店がある。名前は「ぼんご」。提供するメニューは、1つ260円から頼める、ほっかほかの「おにぎり」だ。定番の「梅」や「鮭」、「明太子」の他、「卵黄のしょうゆ漬け」、「マグロ角煮」といった変わり種まで、具材は56種類。組み合わせも自由自在に選び放題だ。この店のおにぎりを食べようと、午前11時半の開店前からできる行列は、途切れることなく閉店間際の午後11時まで続く日もある。この大人気のおにぎり専門店「ぼんご」を切り盛りする2代目店主が、右近由美子、67歳だ
出身は日本一の米どころ、新潟県。高校卒業後に上京した彼女が、当時馴染めなかったのが、東京の食事だ。特に米が口に合わなかったという。その頃、偶然入った「ぼんご」で知り合ったのが、店長で27歳年上の祐(たすく)さんだった。祐さんの優しさに惹かれ、結婚した彼女は、二人で店を切り盛りすることになった。しかし彼女は、周囲におにぎり屋であることを秘密にしていた。おにぎり屋であることが“かっこわるい仕事”だと思っていたというのだ。
そんな彼女は、7年前に夫を亡くしてから意識が変わったという。おにぎりの具材の作り方を書籍として出版し、積極的におにぎりのことを語るようになった。そこには、どんな心境の変化があったのだろうか?
“おにぎり”というシンプルな料理で、深い感動をもたらし、多くの人を魅了する。右近由美子が作るおにぎりの秘密と、彼女のセブンルールに迫る!

1 作り置きはしない
2 おにぎりは三手以内で握る
3 お米は新潟産コシヒカリ
4 アクセサリーはクロムハーツ
5 週に一度 和太鼓を叩く
6 原価計算はしない
7 料理は自分のためにしない