ヌプリロ

とりあえず記録、駄文すら書くこともなくなった

望み観た

f:id:mount_po:20201031205843j:plain

何もしなければ、何もできない大人になる

望み観た。堤監督やでしかたないけどしようもない映画やった。一番なにがしようもないかと言うと、ひとが一人殺されて、3人行方不明になって、3人のうち1人が殺されたらしいとネットで噂になって、じゃあ堤真一石田ゆり子の行方不明のこどもは殺人犯なのか殺されたのかを延々やっていたところです。しようもない。

雑誌記者から規士の普段の評判を聞き、母はさらに頑なになっていく。極力抑制してきた父にも限界が近づいている。そして明らかになる真実。反抗的な態度をとっていても、子供はきちんと親を観察している。愛情を持って接すれば、思いはちゃんと子供に届いている。やる気をなくしていたんじゃない、心配をかけまいとしていただけ。子育て方法は間違っていなかった。両親の気持ちと規士の気持ちが相互に伝わっていたのは、この耐えがたい悲劇の唯一の救いだった。

otello.hatenablog.com