ヌプリロ

(休刊中の)お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

358回の登山を回数で分ける

358回を回数で分ける

愛知県 132回
三重県 113回
岐阜県 98回
その他 10回くらい

愛知県、岐阜県三重県しか行っていない。意外と愛知県が多い。

1位 御在所岳 27回
1位 猿投山 27回
3位 鳩吹山 26回
4位 茶臼山 14回
5位 釈迦ヶ岳 13回
6位 多度山 12回
7位 金華山 11回
8位 各務原アルプス 10回
9位 春日井三山 9回
10位 鎌ヶ岳 8回
10位 百々ヶ峰 8回

1、2は最初の頃よく行っていた。3は犬山市に住んでいたときに暇なときとりあえず行っていた。4は東海市に戻ってきてよく行った。

鈴鹿山系 90回
養老山系 10回くらい
各務原アルプス 10回くらい
湖西連峰 10回くらい

鈴鹿山系が好きすぎるんだよな。

例えば映画が好きでも10回もなかなか観ないもんな。旅行で同じ観光地に10回行くこともない。山はなぜ同じ場所に何度も行くことができるのか。

2020年目標

2020年目標。毎年前年12月に書いてたけど、何を書いていいかわからず1月になった。ということでメモ。目標というより、今なんとなく思ったこと。

◎Vol.23臨時号発行(4月か5月、1000部か2000部)
◎愛知県の山を50登る(今のところ48)
◎リトルマウンテンVol.4(2018年版)
◎リトルマウンテンVol.5(2019年・2020年版)
山県市の山を登る

Vol.23臨時号を出そうかなと考えている

Vol.23臨時号を出そうかなと考えている。20P2000部。愛知県のマイナーな山ばかりの特集。特集としては弱いし、どの山も30分や2時間くらいの行程で一般登山者には物足りない、2000部と小部数でもあるし、臨時号として発行する。発行する理由は、なんだろう、アイデンティティではないけれど、熱情はすっかりなくなったけど、東海地方の山を紹介するということが俺にとってはアイデンティティなのかもしれない。何か反響があるかなと思ってやるというのもある。どの山も俺にとっては魅力があるのだけど、1冊の本にするとやっぱり弱い。だから臨時号。その後のことはわからない。4月か5月に店舗に並ぶようにやろうかなと思う。赤字案件ですけどそんなことは大きな問題じゃないんだ。
◎真弓山・飯盛山豊田市)→まだ行ってない
◎山星山・高根山(瀬戸市
◎桑谷山・遠望峰山(岡崎市
◎聖山(蒲郡市
◎万灯山(西尾市
◎砥神山・御堂山(蒲郡市
◎観音山(豊川市)→まだ行ってない