ヌプリロ

(休刊中の)お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

漢方薬ということです

f:id:mount_po:20190810150117j:plain

漢方薬。2300円くらい。毎日飲めば1ヶ月5000円。そんなに高くない。やまさんが3ヶ月は続けろと言った。この漢方でいいのかは不明。

【第2類医薬品】疎経活血湯エキス錠クラシエ 180錠

【第2類医薬品】疎経活血湯エキス錠クラシエ 180錠

日本で一番を目指す

f:id:mount_po:20190808192221j:plainf:id:mount_po:20190808192239j:plainf:id:mount_po:20190808192252j:plainf:id:mount_po:20190808192302j:plainf:id:mount_po:20190808192440j:plainf:id:mount_po:20190808192346j:plainf:id:mount_po:20190808192356j:plainf:id:mount_po:20190808192406j:plainf:id:mount_po:20190808192414j:plainf:id:mount_po:20190808192423j:plainf:id:mount_po:20190808192431j:plain

今回の主人公は、伊豆諸島の最南端、青ヶ島の塩職人・山田アリサ。島を囲むミネラル豊富な海水と、島の地熱蒸気を使って作る「ひんぎゃの塩」は一流シェフからも絶賛されている。幼い頃に見た芝居に心揺さぶられ、20歳で「文学座」の養成所へ入所。しかし10年経ってもチャンスをものにできず、失意のまま青ヶ島に帰郷。そんなある日、一日で辞める男性もいるというほど過酷な塩作りの仕事に出会う。50度を超すサウナのような窯場で行う地道な作業。気が付けば16年の歳月が経った。華やかな世界に憧れながらも挫折した過去と、新たな夢が彼女の心を突き動かしている。日本一の塩を目指して人生を懸ける彼女のセブンルールとは?