ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

山本彩さんが

f:id:mount_po:20190304214636p:plain

山本彩さんが熊本県のここに行ったと投稿してるけど、私はこういうところへ行きすぎて普通の人がこういうところへ行くとどう思うのかよくわからない。こういうところはたくさんあって、人もいないし、収入もないから、どうやって管理とか手入れしているのか今もよくわからない。税金なのかボランティアなのか放置なのか。
www.instagram.com

あなたの好きな山はどんな山ですか

「あなたの好きな山はどんな山ですか」
いとうさんは私と出会った頃、日本アルプスがメインでたまに暇なときに猿投山に行くという登り方だった。
撮影や遊びでいとうさんをいろいろな里山に連れていき、あるとき鎌ヶ岳の武平峠ルートに行ったらいつもよりテンションが上がっていた。日本アルプスの○○山のようだ、と言っていた。
その後、いとうさんは何度か友人を武平峠ルートに連れていった。いとうさんにとって武平峠ルートは特別なんだろう。
今、私の好きな山は、地元の人に愛されている山、だ。
たくさん人がいて、道は手が入っていて、頂上でお子がペアレンツ(というかペアレンツのどちらかひとりだけ)とおにぎりを食べている、おじいさんは毎日来ているから散歩感覚、おばあさんは友人たちとエンドレスで会話をしている。
そんな山に初めて行くとわくわくする。あ~まだ私の知らない山がこんな近くにあったんだと思う。
すごいいい山なのに、ほとんど人がいなかったり、道標が壊れかけていたり、すると、あぁもったいないと思う。もっとたくさんの人がここに来たらいいのにと思う。
最後になんかいいこと書こうと思ったけど思い付かないからおわりです。

ツイットメモ

初心者向けの山、をどう取るのかは難しいところで、安全に下山する、が一番ではあるけど、道は整備されて迷うことなく安全だけど、名古屋から遠くて眺望もなくて岩場もなくて人もいない変化のない山道の山を初心者向けの山かというと。

初めて会う読者様に「フリーペーパー見てますゆるくて好きです」と言われることがあるけど、ゆるい山を選んでいるけど、紙面をゆるくしてるつもりは全くなくて、できるだけたくさん有益な情報を載せて、足りない分をウェブで補っているつもりなのに、ゆるいと言われるのは不思議だ。

綿向山と金勝アルプスと近江富士の人気のある3つの山しか登ってないけど、滋賀県の人は愛知県の人よりも山が身近にあるのかもしれない。人々の生活に山が近い距離にあるのかもしれない。

山に登る前は富士山と御嶽山しか知らなかったのに、今は春日井市にも豊田市にも犬山市にも名古屋市にも山があることを知っている。愛知県に住んでいてもそのことを知らないまま日々を過ごす人はこれからもたくさんいる。山に登らない人を山に連れていくことを私はこれからもしないだろう。

今日の山なんかは、登って頂上着いて下りて、では見落としてしまうものがたくさんあると思っていて、別にそれが悪いことではないけど、せっかく来たなら地域のいろいろなところを知って帰って欲しいなと思うけど、そうなったのは加齢のせいとその地域の人と会話するようになったからだろう。

西高森山をどうしても紹介したいなと思ったんだけど、大人が普通に歩いても物足りないんだよね。物足りないかもだけど周りにはみどころがたくさんあって、山としては魅力があると思ってて、それを伝えるには親子でやってみたらいいかもしれないなというのが一応の中年の最適解です。

人生は続いていく

f:id:mount_po:20190228194447j:plain
f:id:mount_po:20190228194449j:plainf:id:mount_po:20190228194454j:plain

土曜は親子の撮影をした。2012年の初めて一緒に登った写真~2014年のキャンプ~2019年の親子の撮影で。長男は4才になった。時は流れていく。


f:id:mount_po:20190228194644j:plain

日曜も撮影で、知り合ったのはここ2~3年。滋賀県の山だから往復5時間くらい車中で話した。会話は途切れない。途切れないのは彼女が気を遣ってくれたからだろうか。どうでもいい話や真面目な話もした。まだ知り合って短いけどこれからも続いていくのか。


f:id:mount_po:20190228194510j:plain

そんな話をいつものちづるにラインで話したら写真を送ってきた。髪がある。ベビーは10才になり、年末に遊んだ。4月に花見がある。


f:id:mount_po:20190228194654j:plain

写真はとてもいいなと思って見ていたら伊藤さんの写真が出てきた。結構前から記録を残そうと写真を撮るようになったけど、一眼を持って外へ出かけた時以外の写真はほとんどない。だから伊藤さんと焼鳥を延々食べていた写真はほとんどない。ここ2~3年は伊藤さんにばかり会っていたのに。残念で仕方がない。焼鳥は何本食べたのだろうか。
人生は続いていく。