ヌプリロ

とりあえず記録、駄文すら書くこともなくなった

リトルパークリトルやるか

f:id:mount_po:20200628085204j:plain
f:id:mount_po:20200628084859j:plainf:id:mount_po:20200626211910p:plainf:id:mount_po:20200626211913p:plain

リトルパークリトルやるか。

山も公園も同じで、人の手の入れ方次第で魅力ある人が集う場所にすることはできる。

山と違って、公園は人がゼロから作る。目的があってデザインをしている。詳しくは全くわからないけど、調整池みたいな公的なインフラが前提があって場所が余ったから?公園にしたみたいなところもあるけど、公園を歩くと作った人の意思を感じることはあるし、読み取ろうとしている。

寺本台三号公園はプレーパークを作ろうとして失敗したようなエリアがあって、プレーパークてこどもがロープを使ったりとか原始的な遊びをするお金をかけない手作りアスレチックみたいなところなんだけど、俺も最近知りました。遊具とは別で、プレーパークはいいよ。

山はわかりやすくて、登山口がスタート、頂上がゴール、でその行程に何があるかを紹介すればいいんだけど、公園は、スタートもゴールもない。例えば恋人と弁当持って行けば、芝生にレジャーシートしけばそこがスタートでゴールなんだよな。そこに俺ができることはきっとない。じゃあ俺は何を伝えたいのかてなると、よくわからない。

セブンルールのツイットにも書いたけど、好きとか熱情の異常な大きさでそれを商売にした人がセブンルールなんだけど、俺も公園は明らかに普通の人よりもおかしな熱情を持ってるんだよな。

とりあえずツイットのアカウント作って、撮った写真アップしたり、どうでもいい文章でも書くか。

リトルパークリトルてちょっと言いたくなるでしょ。

ビッグ・リトル・ファーム

f:id:mount_po:20200628100811j:plain

息を呑むほど美しい“究極の農場”が出来るまで――大自然と共に壮大な農場を作る8年間の夫婦の奮闘を追った奇跡のドキュメンタリー。

殺処分寸前で保護した愛犬のトッド。
その鳴き声が原因で大都会ロサンゼルスのアパートを追い出されたジョンとモリー。料理家の妻は、本当に体にいい食べ物を育てるため、夫婦で郊外へと移り住むことを決心する。しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分)もの荒れ果てた農地だった―。
時に、大自然の厳しさに翻弄されながらも、そのメッセージに耳を傾け、命のサイクルを学び、愛しい動物や植物たちと未来への希望に満ちた究極に美しい農場を創りあげていく―。自然を愛する夫婦が夢を追う8年間の奮闘を描いた感動の軌跡。

東京ドーム16個分の土地に小さな地球を作るという話と書くと壮大だけど、植物があって動物があって生活をするという真実が描かれていたので、少し泣いた。そういうことだよ。

寺本台一号公園と三号公園

f:id:mount_po:20200627085148j:plainf:id:mount_po:20200627085229j:plainf:id:mount_po:20200627085305j:plainf:id:mount_po:20200627085347j:plainf:id:mount_po:20200627085402j:plainf:id:mount_po:20200627085418j:plainf:id:mount_po:20200627085430j:plain

寺本台一号公園と三号公園。

寺本台三号公園。何もない。住宅地の中の丘に自然を残すために造られたのかどうなのか。丘の頂上を切り開いて展望場所にもしていない。普通の人はわざわざここへ行かないし、過ごせても数十分。俺は何を伝えたいのか。