ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

鈴木家の嘘観た

f:id:mount_po:20190114174243j:plain

鈴木家の嘘観た。「ぐるりのこと」は木村多江うつ病リリーフランキーうつ病の人のそばにいる物語だけど、「鈴木家の嘘」はうつ病の人が亡くなったあとの家族の物語で、どちらもしんどいよ。心に傷を負った人の回復はしんどい。
昨日たまたまある人と夜中に90分くらい電話したけど、そのときに適当にアドバイスして、映画観終わってからそのことについて謝りのラインをしました。しんどい気持ちでいる人にあえて笑って軽めに対応するように(意識して)なっていることがあるんだけど、やっぱりよくないなと思って謝りのラインを入れました。
主人公の新人女優が能年玲奈のようにピュア~だった。木竜麻生だってさ~。要チェックやで~。大傑作どーんではないですけど、もうちょっとしんどくなるほど映画館で涙☆キラリした。主人公が大学で新体操を練習するシーン何度か出てきて印象的ではありますけど、足がムチムチで主人公を性的な目で見ながらも、いいシーンだった。
大森南朋がダメな中年かなと思ったけど、最後までそうではなかったのがなんだかよかった。大森南朋はあの時期のあの家族にとって大事なポジションにいたと思う。大森南朋がいなかったらあの家族はダメになっていたのかもしれないね。
こういう映画を観ると毎回思うのは、腹を割って全てを話せる人が周りに何人いるかな、ということです。そういう人がいると日々を少し楽に過ごすことができるよね。こちらからは以上です。

f:id:mount_po:20190114174955j:plaincinefil.tokyo

主題歌は明星でした。橋口亮輔監督の助監督をされていた流れでしょうか。加瀬亮も橋口組というか橋口監督の評価高いもんね。


Akeboshi - Usual life

明星/Akeboshi - ''点と線'' 〜映画「鈴木家の嘘」主題歌〜

追記。
主題歌の明星のPVを検索して見てみたら、木竜麻生が普通の服で新体操をしながら街を歩いていて、それを見ているだけで涙が出てきた。

「そして原日出子ではなく、“母”として一言。あなたは24歳。大人としての人生を歩みだしたばかり。女優のお仕事はこれからますます忙しくなるでしょう。でもどうか、自分自身の人生を置き去りにしないでください。あなた自身が幸せで、充実した人生を送ることが、結果、女優・木竜麻生を豊かにしていくことを忘れないでください。これからも、ずっとずっとあなたを見守っています。あなたの幸せを心から祈っています。おいしいごはんをつくって、待っていますからね。母・原日出子より」。愛にあふれた手紙を受け、木竜は嗚咽のあまりしゃべり出すことができない。高ぶる感情を必死に抑え、「こんなに幸せで、良いことは多分ないかもしれない」と絞り出した。

eiga.com

『鈴木家の嘘』メイキング映像

パッドマン 5億人の女性を救った男観た

f:id:mount_po:20190112234001j:plainパッドマン 5億人の女性を救った男観た。100点。


◎日本人は、というか日本人に限らずか、ずっと支えてくれた人と結婚するとか、妻がずっと支えてくれたとか、が好きだと思うけど、ずっと支えてくれたのはビジネスパートナーの女性なんだよなぁ。
◎インド映画見たの初めての気もするけど、日本なら2本か3本くらいの脚本のボリュームを詰め込んでいて、まだ終わらないのか、ここからまだ先に行くのかと思ったけど、インド映画のエンターテイメント系はそういう感じなんですか。
◎パッドマンも元々は妻を助けようというのがスタート地点で、まんぷくゴジラの人が安藤サクラを助けようというのがスタート地点だから、事業のきっかけはそんなものなのかもしれない。周りの大切な人が困っていることを助けたいというピュア~な気持ち。まぁでも人生なんてそんなものでそれが全ての気もする。
◎「パッドマン」も「こんな夜更けにバナナかよ」も「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」も同じ。私が好きな物語は全部同じ。主人公が強い意思を持って厳しい状況を頑張ってなんとか突き進んで夢を実現しようとする。私はなんでそんな前向きな映画が好きなんだろう。逆に私のオールタイムベストの永い言い訳はダメな人間の話か。まぁ人は多面的ですから。


とてもおもしろかったです。


『パッドマン 5億人の女性を救った男』予告編| Padman - Trailer HD
www.padman.jp

登山の一番の目的は「安全に下山すること」だけど

f:id:mount_po:20190113183946j:plain登山の一番の目的は「安全に下山すること」だと100人中98人くらいは思ってますよね。私も思っています。
じゃあ二番目の目的はというと、「頂上に行くこと」でもいいけど、私は「山を楽しむこと」かなと思う。
写真のだるま様は登山道を10歩くらい逸れたところにある。ただ頂上を目指して、あるいは足元を見て歩いてると見過ごしてしまう。だるま様に会える方が山はきっと楽しい。

年末年始にデザイナーとモデルに連絡をして調整をした

年末年始にデザイナーとモデルに連絡をして調整をした。
今年もきっとやるんだろう。気が付けば結局頭の中は山のことばかりだ。
来週は講習会があって、来月は懇親会がある。講習会は満員で、懇親会もたくさんの人が来てくれる。少し前に取材依頼のメールがあって、ラインアカウントの友達は自然に増えて今日300人になった。オンラインショップも自然に売れている。何もしているつもりはないのに少しではあるけど何かがある。
映画「永い言い訳」で、人生は他者だ、とモックンは言っている。

『つくづく思うよ。他者の無いところに人生なんて存在しないんだって。人生は、他者だ。』

疲れたから全部やめようと思っていたけど、結局今年もやるんだろう。人生は他者だ、が頭の中で反芻する。他者と交わるために私はいろいろしてるのかもしれない。

西高森山へも行ってもらうには

f:id:mount_po:20190106154314j:plain

諸事情により最近足繁く春日井三山に通ってますけど、(春日井三山て呼び方は春日井市は公的には認めていませんけどそんな情報どうでもいいですか)、春日井三山は猿投山と同じでいつも人が多い。特にファミリーが多い。
最近この本読みましたけど、集客、集金について書いてあっておもしろい。
春日井三山の隣に実は西高森山があるんだけど、ほとんど誰も行かないよね。春日井三山行ったことある人の8~9割は行ったことないんじゃないだろうか。
春日井三山にはない魅力が西高森山にあって、それを伝えるにはこの本のやり方をパクればいいんじゃないかと思いました。8~9割から6~7割くらいになるといいよね。