読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

選択肢のひとつに山があるようになったらいいと最近は思う

それが悪いわけではないのだけど。この前撮影に一緒に行った人が「山に行くのは1年ぶり」で前回はわたしが撮影に誘ったときだったという。一方、インスタグラムでひさしぶりに再会した人と会話したら「また山に行きたいから誘って欲しい。実家を出たので道具は実家に置いてきた。」という。別にそれが悪いわけではない。
年に1回しか山に行かなくても道具を実家に置いても構わない。ただ、ふたりとも山は難しくないことは知っている。それでも山が日常から遠のいていく。休みの日に何をするかは人それぞれで、それぞれに決めたらいいと思う。ただ、その選択肢のひとつに山があるようになったらいいと最近は思う。私は何をしたらいいんですかね。部数は1万部に増えて魅力ある雑誌でたくさんの人に喜ばれているのはきっと事実だけど、今は無力で無気力で何をしたらいいかわからない。