読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

東京タラレバ娘7巻を読みましたネタバレあり

編集長のひとりごと

東京タラレバ娘7巻を読みましたですぞ。おもしろかったんだけど私が一番グッときたのはほぼ本編と関係ないところだったんですよね。


f:id:mount_po:20170125170520j:plain
引用元:http://www.tsurulog.com/entry/2017/01/14/130954



7巻でモデルのkeyが小さいころ入院をしていたときの話。主治医の沢田先生が後々keyと結婚することになるんだけど、一番初めにkeyの病室を訪れて言ったんですよね。「私が担当になります、一緒に病気と闘っていこうね(うろ覚え)」
挨拶をして病室を出るとき、笑顔で言うんですよね。それがすごくグッときました。病院の物語ではよくある話だし、7巻の中でも全然重要なシーンではない。それでもなんかこう思ったんですよね。この人はある時「医者になってそして、病人である患者と向き合って仕事をしていくんだ」と決めたと思うんですよね(完全に想像ですけど)。そしてそれを笑顔でさらりと患者に言う。
月初のブログに今年はWEBに力を入れていくと書いた気がします。それは本当にそう思っているんですけど、リトルマウンテン、虹色アウトドア、着手中のアプリ、どれもいいサービスになったらいいと思っている。でも、それら全ては直接そのサービスを利用する人に会うことはないんですよね。それもわかっていてWEBを中心にすると決めた。むしろ、意識的に、人に会わなくてもいい、裏方になろう、と思って決めたところもある。
それで、沢田先生の、全然知らない他人と1対1で向き合って一緒にがんばろうね、という姿にちょっと負けたというか揺らいだんですよね。WEBを増やすかわりに山に登るイベントは減らしていく、そう思っている自分がなんだか逃げたような気がしました
こちらからは以上です