読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

犬山市の尾張本宮山に登って思ったこと

先日犬山市尾張本宮山に登りました。尾張本宮山は尾張白山、尾張富士と合わせて尾張三山と呼ばれています。インターネットで見ていた勝手な印象ですが、尾張本宮山はマイナーな山であまり人もいないんだろうなと思っていました。


f:id:mount_po:20170308100102j:plain


ところが違ったんですよね。麓の大縣神社から頂上の奥宮の本宮山まではしっかりとした道があった。道の幅はどれくらいだろう2mはあるだろうか、すごく広くて登山ではなくて誰もが親しんで登ることのできる山だった。頂上手前の眺めのいいところにおばあさんがいたので話しかけたらたくさん話してくれた。今日は誰とも会ってないからちょっと話したかったのよとたくさん話してくれた。あそこに見えるのは小牧の山で、もっと向こうは猿投山、この辺りは云々、今日は梅を見に来たの、と話した。よく来るんですかと聞くと、そうだね、尾張富士、尾張白山、尾張本宮山、尾張信貴山と一緒にまわることが多いねと言った。全部行ったら20㎞はあるだろうか。それをたまに気軽に歩くという。きっと近くに住んでいる人で、時間があれば、そうだ、今日は歩こうかと言って行くんだろう。
その後、林業の人と話した。(正確には林業ではないけど。)ここは地主の大縣神社が愛知県に依頼して、愛知県が俺たちに依頼して、あれやこれやとやっている、何もしなければ陽は入らない、陽が入らないと土がしっかりしないから雨が降ると流れてしまうからそれを防ぐようにしている、まぁそんなたいしたことしてないけどねアハハ、たくさん教えてもらった。
私はその日、ひとりで行ったのだけど、そのおふたりの話がとてもいいなと思った。地主がいて県があって、森に手を入れている人がいる、そしてその間に私たちは休みの日に少しだけ自然の中に入らせてもらう、おばあさんもそのひとりだ、今日も行こうかなと20㎞歩く。私たちはほんの少しの間だけお邪魔しているに過ぎない。
それらがなんだかとてもいいなと思って。たくさんの人のおかげで私たちは山に入って楽しむことができる。感謝の気持ちしかない。そしてそのおばあさんのように、実は山登りは難しくない、もっと身近にあっていいと思う。周りにこんなにたくさんあるんだから。そして私は一体何ができるのだろうかと思う。過去5年で何をしたのか、今年1年、これから5年、10年の間に何ができるのかと思う。
名古屋の近くに山は本当にたくさんあるんです。さぁ明日は山へ行こう。