ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

あなたは誰に必要とされていますか、そして誰に必要とされたら嬉しいと感じますか

人生は人だと時々書いてるけど、もっと言えば人に必要とされるか、ではないかと思う。



サニーベーグルさんが定期的に出店してるマルシェに最近出てなくて、いつも買ってくれるお客さんのことを考えたという。それは、自分はお客さんに必要とされている、と思うことができて、そのことが嬉しかったからだと思う。
今日、あるアウトドアショップから最新号のPO!を追加で欲しいと電話をいただいた。店舗配布分は終了して、あとはオンラインショップ分と営業用やイベント配布分だけしかない。だから断っていい。発送するのに送料だってかかる。それでも電話でいろいろ話して、少しだけどお送りさせていただきますありがとうございますと伝えた。
理由は必要とされていると強く感じたからだった。紙やウェブやイベントやオンラインショップをやるのは山を楽しんで欲しいのが一番にあるけど、私は必要とされていると感じることができるのも大きな理由なんだろう。「必要とされる」こと、それって実は人生を豊かにする大事なひとつなんじゃないですかね。
会社で働くことは手を抜いても休んでも何十万円とお金をもらえる。その一方、課長でも部長でも明日からいなくなっても会社は潰れないし売上も減らない。よくも悪くもそれが会社で働くということだ。
必要とされるのはやっぱり単純に嬉しくて、そして人生を濃くするんだと思う。普通はそれが恋人だったり家族だったり子どもだったりする。今の私にはそれがどれもないから特にそう思うのかもしれない。恋人から「会いたい」と言われれば、それは必要とされているんですよね。子どもに「おなかすいた」と言われれば、それは必要とされているんですよね。大なり小なり誰もが誰かに必要とされている。だからやっぱり、人生は人なんだと思う。あなたは誰に必要とされていますか、そして誰に必要とされたら嬉しいと感じますか。