ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

本・映画・音楽

オーバーフェンス観た

2016年のキネマ旬報の邦画ベスト10に入っていました。オーバーフェンスよかった。 www.kinenote.com

私が紙媒体にこだわる理由

お山のフリーペーパーPO!を作り始めて今年で6年目になります。発行部数は8500部。並行してリトルマウンテンというウェブも2014年から運用しています。単純に数字で言えば、ウェブのPV数のが何倍何十倍も上です。それでも紙媒体を発行するのはなぜなのかとた…

ウソはホントの恋のはじまり観ました

刈谷日劇は今年3回目です。刈谷日劇最&高。今日は回数券を買いました。2本立て800円のチケットを3回1500円。なんと1回500円です。ぐはあぁぁぁあぁぁあ。映画はまぁ普通でした。ヒロインのエヴァン・レイチェル・ウッドがかわいい! ジャスティン・ロング脚…

今池HUCK FINNにクリトリックリスが来ます

今池HUCK FINNにクリトリックリスが来ます。2月19日。2300円。

恋妻家宮本がびっくりするくらいおもしろくなかった

恋妻家宮本がびっくりするくらいおもしろくなかった。遊川和彦って有名だと思うけどまぁそれはええですか。始まって1分でこれはやばいんじゃないかと思ったらそのままのトーンで2時間進んで本当におもしろくなかった。始まって1分は阿部寛と天海祐希の夫婦が…

ドキュメンタリー映画、MERUとふたりの桃源郷を続けて観た

ドキュメンタリー映画、MERUとふたりの桃源郷を続けて観ました。MERUは名古屋駅のミッドランドで、ふたりの桃源郷は刈谷日劇で。映画.comから引用します。こちらはMERU。 難攻不落の「世界一の壁」と呼ばれるヒマラヤ・メルー峰シャークスフィン登頂の模様を…

刈谷日劇でふたりの桃源郷見た

おはこんばんちは蟹江です。 刈谷日劇て映画館をご存知でしょうか。スクリーンは2つ。最新映画と旧作の2本立ての2つのスクリーンです。正月は特別スケジュールです。

松居大悟監督の私たちのハアハア見た

松居大悟監督の私たちのハアハア見た。 haa-haa.jp

田辺マモルさんを聞いています

田辺マモルさんご存知でしょうか。一番有名な曲はプレイボーイの歌だと思います。動画を貼ります。 田辺マモル 『プレイボーイの歌』 (07年7月30日)

今泉力哉監督の「知らない、ふたり」を見た

今泉力哉監督の「知らない、ふたり」を見た。1月公開だからちょうど1年経った。物語のサブストーリーというかメインストーリーにも大きく関係している車椅子のパートで少し泣けた。

2016年に聞いた曲からベスト10を選びました

2016年に聞いた曲からベスト10を選びました。なるべく2016年に発売のものから10曲選びました。

『永い言い訳』の小説と映画の違いを書きました

永い言い訳の公開がほとんど終わってしまいました。小説は8月末に買っていましたがやっと読みました。原作の小説も西川監督です。記憶がうろ覚えですが、小説と映画の違いについて書こうと思います。

岡村先生復活して順調なんですかね

電話なんかやめてさー鳥貴族で会おうよ今すぐおーいでよ仲直りしたいんだもう一度大五郎ロックで~ 澤部渡「カルアミルク」

映画永い言い訳が1ヵ月遅れて今日から上映されるところがありますね

映画永い言い訳が1ヵ月遅れて今日から上映されるところがありますね。映画ひとりで見ると見た後にインターネットで他の人の感想検索しないですか。私はします。

NHKのスイッチでいきものがかりの水野良樹×永い言い訳の監督西川美和の対談を見ました

NHKのスイッチでいきものがかりの水野良樹×永い言い訳の監督西川美和の対談を見ました。

角田光代さんの中年体育というエッセイが発売されますね

角田光代さんの中年体育というエッセイが発売されますね。気になります。私20代の頃から30過ぎくらいまでサブカル男子だったんですけど、映画と小説と音楽ばかりだったという。その時に角田光代さんの小説はたくさん読みました。

太陽と毒ぐも/角田光代

太陽と毒ぐも/角田光代読みました。短編集。その中の一遍、『未来』の話。 浮気をする、嘘をつく、へらへらしてなんかムカつく、だからミネオなんかと別れなよと友達から言われるともちゃん。 実際、ほんのたまにだが、アパートに帰るとき、ミネオ死んでい…

10月14日に西川美和監督の映画永い言い訳が公開になるのでインタビュー記事を抜粋した

10月14日に西川美和監督の映画永い言い訳が公開になるので数あるインタビュー記事の中から読んでいて、おっと思えるものを集めて抜粋しました。

西川美和監督のディア・ドクター観たよ

西川美和監督の永い言い訳が10月14日に公開になります。過去に書いたディアドクターの感想です。 『人は誰もが何かになりすまして生きている』『人生の終わりに本当に必要なものはなんですか』

映画「怒り」とプール

プール行ってますねん。 映画「怒り」の感想をインターネットで見ていた。 「人を殺す者は悪影響しか運んでこない。関わってしまった人間にはまるで天災のようなもので、避けようがない。」

西川美和監督の映画「永い言い訳」は10月14日公開

西川美和監督の映画「永い言い訳」は10月14日公開になります。 西川美和監督の作品は全て見ています。蛇イチゴ、ゆれる、ディアドクター、夢売るふたり。今回で5作目。オリジナルで毎回脚本を書いています。永い言い訳は先に原作の小説も書いていて何かの賞…

クアトロでクラムボン見たよ

クアトロでクラムボン見たよ。 クラムボンは今転機なんだろうなあと思いながら見ていた。 サラウンドもバイタルサインもナウもなかった。 郁子は風邪か何かで声が全然出ていなくてそれが逆に、声が出なくてもたくさんの人が待っているから私は歌う、怠けてな…

みうらじゅんの「ない仕事」の作り方を読んだ

「ナタリーってこうなってたのか」と「ない仕事の作り方」を読んだのですけど、大山卓也もみうらじゅんも偶然に、自分がない自分をなくす、と言っている。それは私もそうで、私がやっているもろもろは、私のことは極力出さないようにしている。大事なのはそ…

橋口監督の映画恋人たちが先週から公開された

「山に登るようになって変わったこと」を今年の全ての号のポの最初のページに載せた。橋口監督の映画恋人たちが先週から公開された。橋口監督は一番好きな監督で、前作ぐるりのことは一番好きな映画で、映画館で見てDVDで見て何回見たかわからない。過去作ハ…