ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

セブンルールの食パン専門店「利」のパン職人

f:id:mount_po:20180526183648j:plain

春のパン祭り企画第1弾!今回の主人公は、土曜日限定営業の食パン専門店「利」のパン職人・地明真希。
栃木県日光市まで、この味を求めて遠方からもお客がやってくる。朝9時に開店すると200斤以上の食パンがわずか1時間で完売。
耳まで美味しい“芸術のパン”を開店2日前の深夜から16時間ノンストップで作り続ける生活に密着。パン好きを満足させる味の秘密とは?
前職は幼稚園の先生で、パン作りは趣味だったが、土木職人だった父の突然の死を機にパン職人を志す。
3年間独学で研究し、念願の食パン専門店を開店した。地明は自身の店「利」に対して、ある決意をしているというが、それは何なのか。
そして、彼女のセブンルールとは?

先週のセブンルールを関テレ動画で見たけどおもしろかった。結局頑張るしか方法はないんだなぁ。難しいことは何もない。誰でもできること。99才のおばあさんも愛しかった。彼女は「おいしいパンを作ること」しか頭になかったんだろう。ただそれだけ。私は「山登りを日常へ、名古屋の人の休日の過ごし方の選択肢のひとつになるように」だろう。ただそれだけ。それを頑張る強い気持ちがなかなか…。「おいしいパンを作ること」のその先にあるものがあるんですよね。なぜおいしいパンを作りたいのか。私も「山登りを日常へ、休日の選択肢のひとつに…」があるけど、その先のなぜ山登りを日常にしたいのかという。そしてそこはお金ではないんですよね。お金も必要なんだけど。
ktv-smart.jp

創刊前の2011年から解決策はないとわかっている話

創刊前の2011年から解決策はないとわかっている話。7月発行の夏号に標高1000m以下の山を載せても暑いだけと時々言われるけど、夏号の撮影時期は5月1週から6月1週くらいで、その間に5~7回雪のない3000mの山に行けるのかという。1年前に行けと言うけどあなたは1年後の仕事してますかという。弊紙のコンセプトは3000mの山へ行こうではなくて、名古屋の近くには本当にたくさん山があるんです山登り実はそんなに大変じゃないんです、なんだなぁ。きっかけを作って好きになってもらえば、あとは人は勝手になんでもやるようになるから。3000mの山もテント泊も雪山もなんでも勝手にやるから。きっかけの入り口を作るのが大事。

今週のBLUEGIANTも熱い

f:id:mount_po:20180526182832j:plainf:id:mount_po:20180526182834j:plain

今週のブルージャイアントもよかったよね。
「それをやって俺にメリットはあるのか」
「無い」
「無いのか」
「ただ俺たちは一生感謝する」
やって。
誰かに何かを自分のエゴイズムだけで頼めることはできるか、もしくはそういう人はいるのかという。

長篠食堂ういまー!!!!!!!!!!!!!!

f:id:mount_po:20180519223259j:plain長篠食堂へ。ごんたく長篠から1分。写真は日替り焼き魚定食1100円。マグロのかま、小鉢、刺身、漬物、味噌汁。ういまー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


関連ランキング:定食・食堂 | 長篠城駅鳥居駅

私たちは登山家でも冒険家でもない

f:id:mount_po:20180519223823j:plainGRSアプリは現在地が緯度と経度が数字で表示されるので、遭難して電波があるところなら、緯度と経度の数字を伝えてそこでじっと待てば救助にきたときにすぐに見つかりやすいとのことでした。緯度と経度の数字を電話で伝える。

私たちは登山家でも冒険家でもないから、山登りはたかが趣味のひとつでしかないし、たかが趣味のひとつで死ぬなんてもったいないから安全レベルは自分でできるだけ上げた方がいい。