ヌプリロ

お山のフリーペーパーPO!の編集長が気ままに書くブログ

山の日にFM岐阜に出させていただくことになりました

山の日にFM岐阜に出させていただくことになりました。時々インターネットで言ってますけど、人生は不思議だなと思う。そんなに深く強く考えてなかったままお山のフリーペーパーPO!を2012年に作って、あれよあれよという間に6年目になった。山登り楽しいから、みんな登ってみれば、と思っているだけで、それくらいのことは私に限らず山を登っている人には多いと思う。私が思っていることは特別ではない。それが有難いことに、時折思ってもいない話をもらうことがある。山の日の祝日に山のことを話す機会をもらえる。話すと言っても私が何か特別な話をできるわけではない。私が話すことなんて、山を数年登っている人なら誰でも話せるようなことだ。だからこういう話をいただく度にありがとうございますと心の底から思うし、人生は不思議だなと思う。
8月11日、16時から19時まで「ヤマノススメ」特集がFM岐阜であります。よかったら聞いてください。


8月11日(金)特番「FM GIFU ヤマノススメ」放送|ブログ|FM GIFU[エフエム岐阜]

西尾市にある無の里休憩所

f:id:mount_po:20170723201730j:plain

西尾市茶臼山の登山口にある無の里休憩所にお山のフリーペーパーPO!のバックナンバーとリトルマウンテンが置いてありました。無の里の方に聞いたところ、オンラインショップから全冊セットを買ったと仰っていました。イベント開催したり、WEB更新したりしているけど、弊紙を使ってくれる人がいるのが一番嬉しいかもしれない。それはやっぱり一番時間をかけたり考えたり作業したりしているからですかね。
www.240kanko.com

デルモの話

デルモは基本的に気をつかわない人にお願いしています。(ふたりで登って撮影するので)
例えば東海ウオーカーなら載せてくれてありがとうございますになると思うんだけど、弊紙の場合は、デルモの人は、「載せてくれてありがとう」なのか、「頼まれたから協力してあげる」なのか。
デルモの人にお金は払っていなくて、送迎をしてごはんか温泉のお金を出す、撮った写真で写りのいいものをメールで送る、出来上がった紙面を希望冊数送る、くらいしかしていなくて、誰にお願いするかていうとやっぱり、先に書いた(ふたりで登って撮影しても)気をつかわなくて、「頼まれたから協力してあげる」じゃなくて「載せてくれてありがとう」の人になるんだけど、それでも気はつかいます。
そしてもっというと「載せてくれてありがとう」なのか、「頼まれたから協力してあげる」なのか、「頼まれたから協力してあげる、じゃなくて、頼まれたから手伝うでええでやるわー」なのか。どちらにしても私から見ると協力してくれてありがとうございますという気持ちなのでやっぱり気はつかう。
何の長文かというと、コミュ障なのでデルモ探しも大変ですということです。毎号同じ人を載せるわけにもいかないので。